大田区のデザイン工務店選びで気を付けたいこと

大田区には水準の高いデザイン工務店が数多くあります。しかし、全ての工務店が満足できる住宅を建ててくれるわけではありません。工務店が発信する情報量は少なく、少ない情報の中から優良な工務店を探しださなければなりません。工務店選びでは気を付けたいことは、地元に根付いた会社であることと、長持ちする住宅を建ててくれるかどうかということです。必ずしも大田区内に会社がある必要はありませんが、地域の物件をこれまで担当してきたかどうかを見極める必要があります。工務店は経営規模が小さいところ多く、遠方の工務店を選ぶのは得策ではありません。建築会社の中にはデザイン性を重視するあまり、構造耐力や耐久性を疎かにしている会社があります。工務店は比較的その心配はありませんが、最低限の品質が維持されているかを注意深く確かめる必要があります。

地元に根付いている会社の優位性

デザイン工務店は、地元に根付いていることが大切です。住宅は特定の敷地に建つことから、地域と密接に関わります。風土の違いによって建て方も違ってきます。遠方の会社の場合は地域の特性を無視しがちです。代々、その地域で営業している工務店は、それだけで価値があります。経営者は代替わりしているので、デザインが古い心配はありません。地域の事情や気候風土を良く知っている工務店は、住宅を依頼するのに適しています。大手住宅メーカーは建ててしまえば自分たちの目的は達成します。しかし、工務店は地元に根付いた組織なので、建てた建物や、地域の建物には一定の責任を持ちます。住宅は長い間使い続けるうちに、不都合なところや補修が必要となるところがでてきます。その時、地元の工務店は頼りになる存在です。

住宅の基本的性能とデザイン性の関わり

イベント会場の大道具のように、短期的に使う工作物であれば、奇抜なデザインでも問題はありません。しかし、住宅は長い間住み続けなければなりません。住宅の基本性能を持たないで、デザイン性にはしるのは危険です。大田区のデザイン工務店を選ぶ場合気を付けたいことは、住宅の基本性能を重視している会社かどうかです。通常のデザイン住宅では、屋根が平らな陸屋根を見かけます。屋根が平らでも、当分の間雨漏りはしません。しかし、長い間放置しておくと防水層が劣化し、雨漏りが発生します。住宅建築は一般のビル建築と異なり、十年ほどで防水層のやり替えをする余裕がない場合がほとんどです。住宅の屋根は、雨漏りの危険が少ない勾配屋根が勧められます。勾配屋根を軽視する工務店は注意が必要です。耐久性に配慮しない工務店は、たとえ、優れたデザインをする場合でも、避けたほうが無難です。