大田区のデザイン工務店の特徴とは

大田区のデザイン工務店は、伝統的な技を継承しつつも、新しい試みを行っている会社が多く見受けられます。工務店が持っている技術力は高く、耐震性、省エネ性、耐久性などに独自の工夫が見られます。その工夫は大手住宅メーカーの技術をしのぐものです。工務店の多くは、担当者がデザインから現場管理までを一貫して行い、連絡事項などが伝わらないことによる不備を防いでいます。通常の建築工事は設計と施工管理を別な人間が行いますが、同じ担当者が行うことで、一貫性を保つことができます。地元工務店にはリピーターからのリフォームの受注が増えています。住宅は建てたらお終いではなく、長く住み続けるものです。地元工務店の一貫したサポート体制は、住宅を建てるたて主にとって、心強い存在です。

一つ一つの技術に徹底してこだわる姿勢

大田区のデザイン工務店は、一つ一つの技術に徹底的にこだわっています。その水準は大手住宅メーカーをはるかにしのぐものです。工務店のデザインは、奇をてらしたものではなく、現実的な裏づけがあります。工務店が考える耐震性は、現在考えられる技術を総動員したものです。建築基準法による筋違い壁を設けることはもちろんのこと、耐震ボードの設置や制震ダンパーの設置も行われます。さらに、床の剛性を高めるなど複合的な耐震力を強化し、大きな地震に備えています。デザイン的な特徴はシンプルなことです。装飾を廃し、徹底した合理化により、無駄な部分をそぎ落とした小奇麗なデザインが特徴です。通常のデザイン住宅に見られる、勾配のない屋根を用いたデザインは用いられません。屋根の勾配が雨漏り防止に効果的であることを工務店は熟知しています。

こだわりの材料と自然素材による内装

大田区のデザイン工務店は、使用する材料にこだわりを持っています。使用する木材も、国産材やヒノキなどの高級材料にこだわり、品質を高めています。なるべく安い材料を使おうとする大手住宅メーカーの姿勢とは正反対です。工務店が使用する内装材は、ビニルクロスが避けられています。化学物質が原料のビニルクロスを嫌い、呼吸のする布や和紙を用いることで、健康的な住まいをつくり上げています。壁材としては他に、珪藻土やしっくいが用いられ、伝統的な美の世界を演出しています。工務店は床材として合板を用いず、無垢のフローリングを用いる傾向があります。通常、無垢のフローリングは施工が難しく、大手住宅メーカーでは採用を嫌います。大田区のデザイン工務店は、無垢材を積極的に採用し、劣化のしない長持ちする住宅をつくっています。