大田区のデザイン工務店の基礎知識

住宅の依頼先として、工務店は一つの選択肢となります。大田区では高いデザイン性を持つ工務店が数多く営業しています。依頼する工務店を決めるためには、デザイン工務店の基礎知識が必要です。通常の工務店とデザイン工務店の違いは設計力です。工務店は工事を行うだけでなく、設計を行うところもあります。設計も行う工務店では、施主が気に入るような、デザイン性の高い住宅もつくっています。工務店の中には、設計を外部の設計事務所と協力することで、設計力を高めているところもあります。設計をデザイン力のある設計事務所に、施工は工務店自らが行うことで、他には負けないデザイン性のある住宅をつくることができます。工務店を知ることで、大手住宅メーカーや不動産デベロッパーとの違いが明らかになり、住宅を建てる選択肢が広がります。

歴史を紐解くことで見えてくる工務店と住宅メーカーの攻防

大田区で住宅を建てる場合、性格が異なる組織が存在するので依頼先選びに迷うことがあります。日本では昔は、家を建てるのは大工の棟梁が行いました。棟梁は施主から仕事を請け負い、大勢の職人を指揮して施主のための家を建ててきました。その状態は戦前まで続きまいたが、戦後になり、はなれの子ども部屋をプレハブでつくるメーカーが現れました。それが、現代の最大手の大手住宅メーカーの原型です。その後、会社組織のプレハブメーカーや、2×4住宅を得意とするメーカー、低価格を売りにするメーカーが参入し、現在の状態となりました。宅地を自ら開発し、合わせて住宅を建てて売っているのが不動産デベロッパーです。宅地を新たにつくりだすという、他にはない特色を持っています。いずれの場合でも、現場で実際に工事を行うのは、住宅メーカーの社員でもなく、不動産デベロッパーの社員でもなく、工務店の職人たちです。

自らマーケティング能力を身につけた工務店

戦後は自ら受注するよりも、大手の下請けに甘んずることの多かった工務店ですが、代替わりした若手の経営者により、自らマーケティングを行い、施主から直接仕事を受注できるようになりまいた。そのときに役立つのがデザイン力です。デザイン力は組織の大小には関係がなく、デザイナーのセンスの良し悪しによります。規模の小さな工務店でも十分に競争が可能です。大田区のデザイン工務店はそれぞれに独自の主張と得意な手法を持っています。特にこだわりがなければ、工務店にデザインを任せてもかまいません。工務店は丈夫な建物をつくることに関しては信頼できます。通常は建築基準法の規定を超える、丈夫な建物をつくります。工務店の最大の利点は、末永く付き合いのできる点です。住み始めてからも、住宅のことなら工務店に依頼することが勧められます。